中学受験専門塾KJゼミナール塾長Teacher-Kのブログへようこそ!!

中学受験をする理由 その5

JUGEMテーマ:中学受験

こんばんは。

昨日の続きです。

では小学校の勉強で苦労している子がどうやって中学受験をするのでしょう。

それにはまず、私立の中学校の話をしなければなりません。

私立の中学校は、学校によって力を入れている部分が様々です。

例えば、勉強面に力を入れている学校の中でも、

面倒見が良いとか、学校だけの勉強で大学受験を目指すとか、底上げに力を入れているとか、

ハイレベル向けに充実しているとか・・・

ホントに様々な学校があります。

勿論、勉強面だけでなく、

部活動に力を入れている学校、

課外学習に力を入れている学校、

ものづくりに力を入れている学校

などなど、様々です。

さて、中学受験の良いところは、基本的に地域に関係なく、

どこの学校でも行くことができると言うこと。

つまり、ニーズに合わせた学校選びができるのです。

とすれば、勉強が苦手な子を得意とする学校もあるということ。

入試段階では、難しい問題を出題するのではなく、

本当に基礎的なものを出題し、

入学してもらってから底上げをしていく学校もあるのです。

ですから、小学校の勉強で苦労している子でも中学受験をすることができるということなのです。

「でも結局勉強では苦労するでしょ」と思うかもしれません。

確かにそれも正論です。

しかし、どちらにせよ、勉強についてはいつかは苦労するのです。

それが小学生の期間なのか、中学生の期間なのか、はたまた、高校?大学?就職してから?

勿論、いつなのかはそれぞれです。

だったら、本当に基礎部分である小学生のうちに少し苦労して、

後につなげるというのもありだということ。

小学生のうちに少し苦労をして、それを「当たり前のこと」と思えれば、

この先、壁に当たってもへこたれずに乗り越えられるかもしれませんね。

また、私立に通うことになった場合、

受験をして進学するのですから、それまでに受験勉強はすることになります。

どちらにせよ同じ苦労なら、一生懸命やって、結果の出る苦労の方が良いでしょ!

自分の力で「合格」を勝ち取って進学するということは、

勉強面に苦手意識を持ってる子が、その勉強面で結果を残せるということですから、

自信にもつながりますしね。

勿論、「合格」を出すことは必須ですが。


塾の先生といろいろ話をしてみてください。

受験戦略はいくらでもあるはずですし、

いくらでも合う学校は見つかるはずです。


ということで、

高校受験に不安があるという方は、中学受験も視野に入れてみてくださいね。


ここまで「中学受験をする理由」と言うことで書き綴ってきましたが、

実際に中学受験を始めた方にはもっともっと様々な理由があるはずです。

中学受験をどうしようか迷っておられる方がこれを読んで、

少しでも中学受験に興味を持っていただけたら幸いです。

始める、始めないは別として、興味があればお近くの塾でいろいろと話を聞いてみてください。

バイオリンを習う、サッカーのクラブチームに入る、そろばんを習う、英会話教室に通う・・・・

中学受験も単なる選択肢のひとつです。

どのようなものなのか、知っていても損はないと思いますよ。

(中学受験をする理由 完)


 
にほんブログ村のランキングに参加しています。
1日1回のクリックをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村

中学受験をする理由 その4

JUGEMテーマ:中学受験

こんばんは。

今日も1日終了です。

さて、中学受験をする理由のその4ということで、

「3.高校受験の時、心配なので、中学から私立に行かせたい。」

についてお話していきます。

この理由はごく最近増えてきた理由です。

というか、塾人の私からオススメする場合の1つにもなってきています。

これは、近年、小学生で塾に通う子どもの質自体が変化してきているからです。

以前は、小学生で塾に通うというと、もっとレベルの高いものをやりたいとか、

中学生の内容を先取りしてやりたいとか、

要は現在のレベルより高いものを欲して塾に通っている子が多かったものです。

しかし、近年、

「小学校の勉強についていけないから」

という理由で塾に通っている子も少なくありません。

小学校の勉強についていけないってどういうこと????

と思われるかもしれませんが、現実です。
(まぁこれにも様々な理由があります)

さて、ここで話を戻しますが、「あれ?」と思いましたか?

そうです。

小学校の勉強にも苦労しているのに、「中学受験」なのです!!!!

??????????

でも答えは簡単です。

中学受験で私立の中学校に入ってしまえば、

ほとんどの学校では、高校受験をする必要がないからです。

小学校の勉強で苦労している子が、

中学校の勉強を苦労せずにできると思いますか?

中学生にもなれば、色々と楽しいことも増えてくるはずですし、

やりたいことも色々と出てくるでしょう。

部活動に熱中したい子もいるかな。

つまり、時間のある小学生の時より、もっと勉強に使う時間が減るはずです。

その中での高校受験。。。。。。

どうでしょう。

だから、中学受験で私立に入れようという考え方があるのです。

でも、前述したとおり小学校の勉強にも苦労する子がどうやって中学受験を?と思われるのも当然です。

なので、明日はこの話を。

(続く)


 
にほんブログ村のランキングに参加しています。
1日1回のクリックをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村

中学受験をする理由 その3

JUGEMテーマ:中学受験

こんばんは。

今日も1日終了です。

今日は、

2.環境を変えたい(地元の中学校ではないところに行かせたい)。

のお話を。

近年、この理由で中学受験をする子はとても多くなってきました。

中学受験がメディアでも取り上げられ、流行り始めてからですかね。

特に中学生になってからの勉強に不安が・・・・

なんて取り上げられ方をしたこともあって、中学受験をあおる感じになったので。

でも実際、この理由で中学受験をさせようと思うのは、自然なのかなぁと。

・小学校生活の中でいろいろとあって(不登校など)、環境を変えたい。
・勉強をする体制が整っていないので、しっかりと勉強する体制を整えたい。
・部活動を一生懸命させたい(通常、公立にはないような特殊な部活なども含む)。
・やりたいことができる施設が整っているところに行きたい。
・etc...

私立の場合、様々な地域から通ってくる子がいますし、

公立に比べて施設は整っていることが多いですし、

学校によってカラーがかなり違いますから、

いろいろな面を考慮して環境を変えるにはでもってこいですからね。

また、基本的に学力面では考慮しない理由が多い為、

志望校を決めていくときに幅ができやすくなります。

勉強していく中で、本人が行きたい(保護者が行かせたい)と思う学校を探していけばよいので、

中学受験をする理由としては、本人にとっても、保護者にとっても、とっつきやすいでしょう。



以前、こんな話を聞いたことがあります。

=========

小学校の授業参観日。

授業が終了すると、子どもたちから拍手喝采!

その理由は・・・・

授業中、立ち歩く子が一人もいなかったから・・・・・

==========

だそうです。

誰一人立ち歩かなかったことが「素晴らしいこと」???

授業中、立ち歩く子がいるのが普通になってしまっているのです。

それを普通だと思わせてしまう環境って怖いですよね。

「環境を変える為に中学受験をする」

一度考えてみることもありだと思います!

(続く)



 
にほんブログ村のランキングに参加しています。
1日1回のクリックをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村

中学受験をする理由 その2

JUGEMテーマ:中学受験

こんばんは。

今日も1日終了です!

さて、「中学受験をする理由」の1つ目、

「行きたい学校(親が行かせたい学校)がある。」。

からお話しましょう!

この場合、

1.兄弟が私立に通っていて、体育祭や文化祭などに参加することで、行きたい(行かせたい)と思う。
2.ご近所さんやお付き合いのある方の子どもが私立に通っていて、話を聞くことで行きたい(行かせたい)と思う。
3.保護者が通っていた学校に行かせたいと思う。
4.家の近くに学校があり、そこに通う子を普段目にすることで行きたい(行かせたい)と思う。
5.何かのきっかけで学校の説明会などに参加することで行きたい(行かせたい)と思う。
6.レベルの高い学校(よく知られている学校)に行かせたいと思う。

などが挙げられます。

どれも正当な理由なのですが、

中学受験を「始める段階」と「始めてから」で保護者側が考えを変える必要があるかもしれません。

中受を始めさせようと思うのはほとんどの場合、「保護者」ですが、

実際、勉強するのも、受験をするのも本人です。

ですから、本人がそこに行きたいという気持ちを持つことができるかどうかで、

「行きたい学校(親が行かせたい学校)がある。」という根本の考えを変えることも必要になるかもしれないのです。

「本人が行きたい」場合は、良いのですが、

「保護者が行かせたい」場合は、結構、この根本が崩れることも少なくありません。

ですから、「保護者が行かせたい」場合は、しっかりと子どもに学校を見せたり、

そっちを向くように仕向けることが必要となります。

その子、その子によって仕向け方は違うと思いますが、そこは上手にやる必要があります。

もし、子どもが学校を実際見て、「この学校嫌だ!」となったら、当然中受を始める根本が崩れますからね。

それと、怖いのは、「話を聞いて」だけで本気になってしまうこと。

実際、兄弟が通っていたら話は早いですね。

実際に学校の様子を見ているのですから。

「保護者が通っていた」だと、数年経っているので、学校に変化が起きているかもしれません。

とにかく、しっかりとその学校を把握することが必要です。

人伝いで話を聞いただけで本気になってしまう場合、危険です。

お分かりの通り、話してくれた方の子どもには合っているかもしれませんが、

自分の家の子には合ってないかもしれません。

簡単に言えば、「おいしいから食べてみて」と言われて食べてはみたけど、おいしくなかった。。。

なんてこともあるわけですから。

これは塾選びでも言えることです。

子どもが「この学校に行きたい」と言って中学受験を始めた場合は、

理由がどんなであれ、本人の意志で始めたことですから、がんばれますが、

保護者が「この学校に行かせたい」と思って中学受験を始めた場合は、

「きっぱり中受をしない」

「柔軟に考える」

のどちらかになるかもしれないということを念頭においておきましょう!

(続く)







 
にほんブログ村のランキングに参加しています。
1日1回のクリックをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村

中学受験をする理由

JUGEMテーマ:中学受験

こんばんは。

今日も1日終了です。

さて、「中学受験をする理由」は何でしょうかね。

様々な理由があるとは思いますが、

今までの経験から行くと大きく2つに分けられます。

1.行きたい学校(親が行かせたい学校)がある。
2.環境を変えたい(地元の中学校ではないところに行かせたい)。


でも、最近は第3の理由も増えてきました。

それは、

3.高校受験の時、心配なので、中学から私立に行かせたい。

比較的、勉強が苦手な子の場合ですね。

苦手な子が私立中受験?

と考える方もいらっしゃると思いますが、

それにはしっかりとした戦略があるのです。

なので、

明日から数回に分けて、「中学受験をする理由」をテーマに連載してみようと思います!

(連載の試みは初めてだ。。。。)

では明日。

 
にほんブログ村のランキングに参加しています。
1日1回のクリックをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村

| 1/1PAGES |

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

KJゼミナール HP

Selected entries

Categories

Archives

Recent comment

School Links

一徹バナー

Favorite Blog

Profile

Search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM